雑記

日常のことをだらだらつづっています。

思い出してしまう。

f:id:lazing-around:20140522220051j:plain

後ろ姿しか 見せない私を

あなたはどう感じてるのかしら

突然あなたに 呼び止められても

決して振り向かない 前を向いて歩いてゆく

(Fortune/Sowelu)

 

*  *  *  *  *  *

 

またまたくだらない回想日記です。

16歳の時、希望者で一定期間、英語圏の国に学びに行ったことがあった。

ホテルじゃなくてホームステイの形で、1人で各家庭に放り込まれる。

英語の成績は良かったけど、朝から晩まで英語で過ごしたことなんてなかったので、私にとっては超ハードな日々だった。

 

保護者もそれなりに心配だということで、旅行会社の人が1日1回、専用サイトに子どもたちの写真を掲載するということになっていた。

みんなは、買い物をしたりしているときにポーズを決めたりしてカワイイ写真を撮ってもらっていたのだけど、私はその旅行会社の人(以下Mさん)がなんだか最初から気に入らなくて、カメラから逃げ回っていた。

でも、私の写真だけがないなんてことになったら、うちの親から苦情がくるかもしれない、ということで、毎日 Mさんのカメラと私で追いかけっこのような形になっていた。

それで早い話が私はMさんのことを好きになってしまったのだった。我ながら、なんて単純…

 

いままでハードで苦痛で早く終われと思っていた日々が、急に過ぎるのが惜しくなって、写真は撮らせないけど(でもMさんが保護者に怒られないよう、撮れるような隙は多くした)そばに寄っていく日が続いた。

帰りの飛行機は席を交換してもいいことになっていたので、それをいいことにMさんのそばに座ったりしていた。

 

でもMさんのことを好きになった子がもう一人いたのだった。

噂によると、自分の裸体を自作HPに載せたりしているという、転校生の子、Yだった。

共学から、我々の別学の一貫校に編入してきたというその子はさすがに(?)手馴れており、今でいうところのツンデレの態度よりも、ニコニコそばにいる方が男性には効果的な作戦であることをよく知っていた。

でも私は、みんながあの、私とMさんの毎日の追っかけっこを見て「ぜったいMさんてYさんよりCさん(私)のこと気に入ってるよね~」なんて無責任に面白がって言うのを真に受けて、本当にそうだったらいいな…なんて脳内お花畑なことを考えていたのだった。

 

帰国後も学校で語学研修の思い出話をするたびに、「Cさん、Mさんとはどうなったの~?」なんて聞かれたりしていた。

帰国してすぐ私は旅行会社のサイトから名指しでMさんにお礼メールを送っており*1、その返信が携帯メールから来ていたので、実はMさんの携帯のメアドを知っていたのだが、それは誰にも言わなかった。

そして、携帯のメアドを知っていて、メールもしているなんて、きっとYよりリードしているに違いない、なんて思っていた。。

 

そんな頃。

移動教室で廊下に出ていたYが

「私昨日、Mさんと寝たんだよねぇ。帰る前に背中にキスされて、”Yちゃんが一番好き”って言われたんだぁ」

とこちらを見ながら聞こえよがしに言っているのが聞こえた。

めちゃめちゃショックだった。 

ショックすぎて、Mさんにいろいろ問いただしたかった。

でも、彼女でも何でもない私に、責める資格はないなんてわかってたから、茶化すメールで探るくらいしかできなかった。

そして

「今日YさんがMさんとのこと学校でいろいろ暴露してたよ~。お熱いですなぁ。でも噂にならないように気を付けた方がいいと思う。まぁ私には関係ないですけど。」

という、気持ちがバレバレのメールを送ったのだった。

Mさんは

「Yさんから聞いたよ~。あんまりいじめないであげてね^^;」

という謎の返事がきて、あぁ、私はYに悪く言われているんだなと思った。

(だってYとロクに話したこともないのにいじめるって何…) 

 

 結局それからしばらくたって、MさんとYは別れて、Yは中退して、Mさんはメアドを変えてしまい、もうどこで何をしてるのかわかんない。

でも、時々思い出して、会いたいと思ってしまうことがあった。

冒頭に書いた曲は帰国してから聞いた曲なのだけど、あれを聴くと、写真を撮らせなかった自分を思い出して、Mさんのことも思い出す。

今は何をしてるんだろうなぁ。

 

にほんブログ村 OL日記ブログ 20代OLへ

*1:もしほかの方が受け取られたら、Mさんにお見せください、的な