雑記

日常のことをだらだらつづっています。

ごめんよねこ。

ねこに謝る記事。

ちょっとお食事中にはふさわしくない内容ですので、お気をつけくださいね。




金曜の夜にねこの様子がおかしくなった。
トイレに入っても何も出ずに出てくるのを、頻繁に繰り返してて、元気も無くなっていった。
深夜に吐いて、翌朝も吐いたから、すぐに病院へ。
先生が触診すると、膀胱がパンパンで、もう少し遅かったら、本当に危なかったと。
膀胱炎のようだということで、カテーテルの処置をするため、一晩入院ということになった。

家に戻ってからは不安で心配で、どうしようって泣いてしまった。

日曜の朝に電話したら、自力で排尿できるようになり、エサも食べられるようになったので退院して大丈夫ということになった。




病院に着いて、先生から処置の内容を聞いていると、助手の方が来て「ねこちゃん、威嚇しててキャリーに入れられないんです」と。
飼い主の方お願いできますか、とのことで、猫のいるケージを見に行くと、確かにシャーシャー怒ってる。

なのに、私が現れて、ケージ開けて顔を突っ込んだら、こっちに走り寄ってきて、頭突きしてスリスリしてきた。
また泣きそうになってしまったよ。
処置いたかったね、こわかったね、ごめんね、って気持ちと、普段あんなにそっけないのに、私を飼い主だってわかってくれてたんだってきもちと、いろいろ。

f:id:lazing-around:20150407194706j:plain


まだ本調子じゃないけど、毎日お薬飲んで、療養食たべて、ちょっとずつ元気になってってる。

毎日尿が少なくなってたの、気付いてあげられなくて本当にごめんね。
おまえがいなくて1日本当に長くてつらかったよ。
もうどこにもいかないでおくれ。


にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ